世田谷学園 空手道部

◇ 彊空会 会則 ◇ 世田谷学園空手道部OB会
 第一章 総則
第1条
 本会は世田谷学園空手道部“彊空会”(OB会)と称する。

第2条
 本会の本部及び事務局は、世田谷学園空手道部内に置く。但し、事務局はその業務を遂行する為に執行部幹事宅に設置する事が出来る。

 第二章 目的 及び 事業
第3条
 本会は、世田谷学園建学の精神に基づくと共に、故山本慧彊先生の志を継承し空手道を通じて結ばれた友情をあたため、会員相互の親睦と和を計り、かつ後進の指導、育成に当たる事を目的とする。

第4条
 本会は前条の目的を達成する為、次の事業を行う。
(1) 世田谷学園空手道部運営に対する援助
(2) 世田谷学園空手道部に対するコーチ、及び指導員の派遣
(3) 世田谷学園空手道部創立記念行事の企画、立案、実施
(4) 各種、彊空会行事の企画、立案、実施
(5) 会員名簿の整備と発行
(6) 彊空基金の徴収、記録及び管理
(7) その他、目的を達成する為の必要な事業

 第三章 会員
第5条
 本会の会員は原則として世田谷学園空手道部出身者をもって組織し、その全員を会員とする。又、本会に多大なる功労した者、及び、本会にとって有為な人材は幹事会の審議を経て入会の承認を得た者については会員とする事が出来る。尚、通常高校卒業年度までは準会員とする。

 第四章 執行部
第6条
 本会には下記の各幹事で構成する執行部を置き任期は5年とする。但し、再任を妨げない。又、補欠の発生により就任する幹事の任期は、前任者の残任期間とする。
 会長 1名
 副会長 1名 
 幹事長 1名 
 事務幹事 1名 
 会計幹事 1名
 会計監査 1名
 常任幹事 若干名
 年代幹事 卒業年次ごとに1名 

2、会長は、本会の代表として会務を総括し、会議を招集する。

3、副会長は、会長を補佐し会長に事故のある時はその権限を代行する。

4、幹事長は、本会の業務全般を把握し、担当する幹事を指揮する。又、業務遂行の為必要であれば実行委員会を会員内から選出、設置し補佐役を配置する事が出来る。

5、事務幹事は、本会の事務全般を担当する。主な任務は会員名簿の整備、保管、各種会議、行事の通知、設営、及び、議事録の作成を行う。

6、会計幹事は、本会の会計全般を担当する。主な任務は年会費、賛助金、寄付金等の徴収、記録、管理、事業予算案の検討、及び、決算報告書の作成、報告を行う。 

7、会計監査は、本会会計の執行状況を監査し、総会において報告する。

8、常任幹事は、本会運営及び、執行部を補助し、必要な会務を分担し補佐する。

9、年代幹事は執行部に協力し、又、同期会員との連絡を密にし、各会員の消息に変化がある場合は事務局に報告する。年代幹事の任期は無く幹事会にも出席できる。

10、年代幹事を除く執行部内に、中学空手道部出身者を2名以上選任する事とする。

 第五章 会議
第7条
 本会は目的達成と円滑な運営の為、下記の会議を開催し審議、承認、決定をする。
  総会
  幹事会

2、総会は会長、又は幹事会の招集により全会員に通知の上、開催する。

3、幹事会は会務、総会を円滑に進める為の準備を行い、必要に応じ随時、開催する。

全 12件

CGI-design